ホーム > イベントレポート > ミニ屏風づくり

ミニ屏風づくり

開催日:平成25年3月17日(日)[ 2013-03-18更新 ]

ガレリアかめおか開館15周年記念イベント

「文化財デジタル複製品展覧会 〜「応挙」からひもとく日本の美〜」の関連イベントとして、「ミニ屏風づくり」を開催しました。

 

文化財デジタル複製品展覧会の6日目。3月17日(日)、ワークショップの「ミニ屏風づくり」を開催しました。

会場にも複製品が展示されている、国宝「雪松図屏風」のミニチュアを作る講座です。

 

定員20名のところ、約50名の応募があり、定員を拡大して開催しました。

 

屏風は、じゃばらのようにジグザグに折れ曲がりますが、蝶番の部分は山折り谷折り、どちらにも折れ曲がる構造になっています。今回のミニチュアでも、本物と同じように、どちらにも折れ曲がる仕組みを作りました。

 

また、大広間の前では、昨日に引き続き亀岡市の文化財について、文化資料館の学芸員による解説も行なわれました。

 

イベント写真を、公式フェイスブックページで公開しています。

ぜひ、ご覧ください(下記リンク先)

https://www.facebook.com/media/set/?set=a.344427309002091.1073741832.283617151749774&type=1&l=d5216bc11d

お問い合わせ