ホーム > 管理者情報

管理者情報

access1

設立趣意
人口の高齢化や余暇時間の増大、高学歴社会などを背景として、物質的な豊かさとともに精神的な豊かさを求める気運のなかで、「生涯学習」の必要性が高まっている今日です。

こうした社会情勢における市民からの要求にいち速く対応するために、亀岡市では1988年3月に“生きる喜びと明るく豊かなまちに住む喜びの持てる亀岡”を目指し、「生涯学習都市宣言」が宣言されました。
この宣言に基づき、人間の尊重と地域社会の一員としての自覚のもとに、生涯にわたり学び続け、自己を高め連帯の絆を強め合うことにより、世界に誇れる生涯学習都市づくりが進められています。
さらに、真に市民が求める自発性に基づく自由かつ創造的な学習の営みを進めるためには、民間活力を導入した公益法人が是非とも必要であることから、個性豊かな新しい歴史と文化を創造し、世界的な視野と展望を持った生涯学習都市の形成を推進する母体として、財団法人生涯学習かめおか財団を設立いたしました。

当財団の設立趣旨にご理解、ご賛同をいただき、なお一層のご支援とご協力のほどよろしくお願いいたします。

名称

公益財団法人生涯学習かめおか財団

理事長

井上 満郎(京都産業大学名誉教授)

理事長就任のご挨拶

所在地

京都府亀岡市余部町宝久保1-1

概 要

1987年9月2日 亀岡市長から「生涯学習都市構想」について亀岡市生涯学習都市構想策定懇談会に諮問
1988年2月19日 亀岡市生涯学習都市構想策定懇談会は5回にわたる慎重審議の結果「亀岡市生涯学習都市構想」を答申
1988年3月2日 亀岡市最高幹部会で「亀岡市生涯学習都市構想」を正式決定。
1988年3月30日 亀岡市は“生きる喜びと、明るく豊かなまちに住む喜びの持てるかめおか”を目指し、「生涯学習都市」を宣言
1988年4月1日 亀岡市は市長部局に生涯学習都市推進室を設置
1988年8月10日 第1回亀岡市生涯学習都市推進会議を開催
1989年3月29日 第3回推進会議で財団法人のあるべき方途の審議と設立の意志を決定
1989年8月31日 第4回推進会議で財団法人設立の要旨及び平成元年度中に設立を目指すことを決定
1989年12月21日 亀岡市12月定例市議会で財団法人設立出資金(5,000万円)の出資及び亀岡市生涯学習振興基金条例を議決
1990年3月8日 京都府教育委員会に財団法人生涯学習かめおか財団の設立許可申請書を提出
1990年3月23日 財団法人生涯学習かめおか財団設立の許可
1990年3月31日 財団法人生涯学習かめおか財団の設立登記完了
1998年9月5日 「ガレリアかめおか」供用開始 財団事務局をガレリアかめおか内に置き、施設の維持・管理を亀岡市から受託
2006年4月1日 「ガレリアかめおか」指定管理者(第1期)に選定される
2009年4月1日 「ガレリアかめおか」指定管理者(第2期)に選定される
2012年4月1日 公益法人制度改革により公益認定を受け、「公益法人生涯学習かめおか財団」と名称変更
2013年4月1日 「ガレリアかめおか」指定管理者(第3期)に選定される
お問い合わせ