ホーム > 主催事業 > 三大シンボル講座 > 亀岡生涯学習市民大学 > 過去の講師(平成23年度から)

過去の講師(平成23年度から)

平成22年(2010年)度まで

平成28年(2016年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 畑正高 香の文化史 375名
第2講 山崎有恒 亀岡の偉人
中川小十郎の生涯
349名
第3講 細見良行 生誕300年記念
伊藤若冲-京に生きた画家-
359名
第4講 藤田ジャクリーン 人生は大笑い 315名
第5講 上横手雅敬 古典の日(11月1日)にちなむ講座
「徒然草」の風景
288名
第6講 河野美砂子 佐竹裕介 ベートーヴェンを聴く 322名
第7講 津軽俊介 植物と人間 202名
第8講 黒川孝宏 カム・カメ・ウェルカム 文化資料館
~未来を拓く 学びの技~
214名
特別講座 京都府:舞鶴引揚記念館・赤れんが博物館 60名

平成27年(2015年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 黒川孝宏 石田梅岩~学びの心の原点~ 393名
第2講 川村妙慶 希望の持てる人生 436名
第3講 横山俊夫 節用集-世界文明遺産第1号?- 253名
第4講 河野美砂子 大嶋義実 フルートの調べでつづる音楽史 316名
第5講 西山良平 古典の日(11月1日)にちなむ講座
『方丈記』の京都と災害
272名
第6講 細見良行 琳派-麗しき日本の美- 294名
第7講 八代嘉美 iPS細胞がつくる新しい医療 264名
第8講 輿水精一 ウイスキーは日本の酒である 263名
特別講座 京都府:宇治市源氏物語ミュージアム 世界遺産平等院 62名

平成26年(2014年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 竹田正俊 私達が考える未来の医療とは? 243名
第2講 松谷 茂 植物に接して思うこと~衝撃の生き抜く戦略~ 262名
第3講 鳥羽重宏 城南離宮と京の都 229名
第4講 河野美砂子 日下部祐子 歌とことば~ソプラノとともに 241名
第5講 元木泰雄 古典の日(11月1日)にちなむ講座
平家物語と平清盛
214名
第6講 浜 矩子 講師の都合により中止となりました。
第7講 木村 亮 世界中で住民と共に道直し 171名
第8講 上田正昭 坂上田村麻呂と清水寺 292名
特別講座 滋賀県:佐川美術館、琵琶湖博物館 62名

平成25年(2013年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 坂野 寛 ルソンの壺 あなたの支えになりたい 257
第2講 山極寿一 家族の由来-ゴリラの社会から考える 245
第3講 佐伯啓思 日本経済は再生するか 230
第4講 河野美砂子 河野文昭 チェロとピアノのひととき 337
第5講
-開学25周年記念シンポジウム-
上田正昭
シンポジウムパネリスト 井上満郎 和田萃
古典の日(11月1日)にちなむ講座
風土記とは何か
~編纂開始1300年記念~
260
第6講 露の団姫 露の団姫の落語と仏教 254
第7講 宇佐美直秀 文化財修理と国際化 190
第8講 上田正昭 「角倉了以・素庵と島嶼連合」
~高瀬川開削400年~
136
特別講座 奈良県:平城宮跡・唳禽荘・松伯美術館 64

平成24年(2012年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 伊藤謙介 経営雑感 255名
第2講 元木泰雄 平清盛と武士の時代 251名
第3講 河野美砂子 金田仁美 モーツアルトの光と翳 253名
第4講 寺川眞知夫 古典の日(11月1日)にちなむ講座

記・紀の出雲神話の扱い
~稲羽の素菟に『古事記』のこころを読む~

 200名
第5講 棚橋俊夫 野菜は天才!~精進する料理~ 192名
第6講 上村淳之 自然の叡智に教えられて 213名
第7講 今中忠之 南極の自然と生物 200名
第8講 上田正昭 東日本大震災と人権 183名
特別講座 京都府福知山市:福知山城と福知山市内探訪 61名

 平成23年(2011年)度

講師 講義題 受講者数
第1講 下出祐太郎 蒔絵から学ぶ伝統の知恵 225名
第2講 比護信子 スポーツを通した心の教育~子どもの生きる力を伸ばす~ 194名
第3講 深見茂 京都祇園祭山鉾行事の歴史と現在 178名
第4講 樋上由紀 松岡万希 髙橋侑子 人に寄せる思い、音楽の花束にして 219名
第5講 藤原英城 古典の日(11月1日)にちなむ講座

「世之助」の誕生

~「好色一代男」と「源氏物語」~

 174名
第6講 矢崎節夫 みんなちがって、みんないい。 210名
第7講 伊藤之雄 鉄道が変えた京都と亀岡の近代 183名
第8講 上田正昭 いま、改めて先人の英知に学ぶ 182名
特別講座 兵庫県淡路市:北淡震災記念公園・神戸市垂水区:橋の科学館 66名

 

お問い合わせ